創作/雑文/ジャズ/その他 当blog内の画像・文章等の無断転載を禁じます。(C)2017- KK All Rights Reserved


by KK

板橋文夫スペシャルトリオ&オーケストラ@横濱ジャズプロムナード2009

10月11日(日)、「横濱ジャズプロムナード」に行った。
3年続けての参戦。お目当てはむろん、板橋文夫のステージ。
前半は北浪良佳(vo)、井上陽介(b)とのトリオおよびデュオで、後半はお馴染みの板橋文夫オーケストラ。
特に楽しみにしていたのは、「デューク・エリントン生誕110年記念」と銘打たれた後半。板橋オーケストラがエリントンのナンバーをどのように演奏するのか、期待に胸ふくらませて、いつもの関内大ホールに駆けつけた。板橋さんの演奏を聴いているとやたらとお腹がすくので(私だけか?)、おにぎり3個を買い込んで。


前半のステージで唸らされたのは、ノルウェーの作曲家グリーグの『ペール・ギュント』中の「ソルヴェイグの歌」。
叫びのような北浪良佳のヴォーカル、板橋・井上両名のフリーフォームのプレイが渾然一体となり(私は、時に荒れ狂う北欧神話の英雄たちのことを想起した)、荒々しくはあるけれども、確かに北欧の情感が醸し出されていることに感嘆した。
このような解釈の余地を残す、クラシックの懐の深さを再認識。

前半終了後、板橋さんの演奏を聴くため来浜されているのほほんさんとお目にかかり、ロビーで少々雑談。
昨日ライブハウス「ドルフィー」での板橋オーケストラの演奏は凄かったと聞き、期待いやが上にも高まる。


後半の板橋文夫オーケストラ、メンバーは以下の通り。

板橋文夫(p)、村井祐児(cl)、林栄一(as)、片山広明(ts)、吉田隆一(bs)、福村博(tb)、辰巳光英(tp)、大田恵資(vln)、瀬尾高志(b)、小山彰太・竹村一哲(ds)、外山明(per)
(片山さんのblog「LIVE & DRIVE 日記」に、当日のエントリ&画像があるのでご参照下さい!)

しかし、ノッケから45分以上にわたる「For Duke 2009」には、さすがに面喰った人も多かっただろうと思う。実際、演奏の途中で席を立つ観客もちらほら。板橋オーケストラの流儀を知らず、ただエリントンの名に惹かれて来場された方々はさぞかし、野蛮(?)きわまりない音楽と思われたことだろう。加えて今年は2ドラムで、例年以上に音が身体にずしりと来る。イチゲンさんには辛いだろうなと席を離れる人を横目で見ながら、私はアナーキーなステージを大いに堪能した。
とりわけ、「A列車で行こう」がよかった。古き良き時代の「A列車」ではなく、スピードと爆走感に溢れた「A列車」の演奏になっていて、草葉の陰でエリントン先生もさぞや喜んでいるだろうと考えたら、自然と笑みが浮かんできた。

アンコールは「フォー・ユー」。
昨年聴けなかっただけに、嬉しさひとしお。
終演後、JR関内駅へ向かって歩きながら、やはりラストはこう来なくちゃねと何度も呟く。
冷たい夜風が、興奮で火照った身体に、気持ちよかった。

*

元気をもらおうと横浜に行き、しっかり元気を頂戴して、帰って来た。

還暦を迎えた板橋さんがあれほど活力に溢れているのに、一回り以上年齢の離れた私がしょぼくれていて、どうする?

板橋さんとメンバーの皆さんにも、感謝!

* * *

板橋さんに関するエントリを仕上げたので、最近「YouTube」に上げられた動画をふたつご紹介。
両方ともソロ、そして両方ともガーシュウィンのナンバーです。




[PR]
by kreis_kraft | 2009-10-18 19:00 | ジャズ