「ほっ」と。キャンペーン

ジャズ/FC町田ゼルビア/その他


by kreis_kraft

ドラガン・ディミッチ選手のこと【前】

2010年度の仕事も終了し、アジアカップも日本代表の優勝で幕を閉じ、ようやく落ち着いてものを考えられる状態になった。嬉しい限りである。

* * *

久しぶりにFC町田ゼルビア関連のエントリを。
タイトル通り、新入団の外国人選手について、である。

はるばる極東の地にやってきたセルビア人のフットボーラー、それもJFLのクラブでプレーするためにやってきたとあらば、関心をそそられるではないか。
加えて、ランコ・ポポヴィッチ新監督ともども、あのコソボの出身。
どんな選手なのか、時間ができたら調べてみようと思っていたのである。

*

ドラガン・ディミッチ(Dragan Dimić)。
1981年10月14日、コソボ社会主義自治州(当時の名称、ユーゴスラビア連邦所属)生まれ。
長らくユーゴスラビア連邦大統領の座にあったヨシップ・ブロズ・チトー大統領が死去したのが1980年5月4日だから、このカリスマ指導者の死から始まった、連邦の動乱の中で生を享けたことになる。

ドイツ語版「ウィキぺディア」の説明文の冒頭は、こうである。

>Dimic, der seit seiner Kindheit in Österreich lebt, begann seine Karriere beim ASC Götzendorf in Niederösterreich.
(http://de.wikipedia.org/wiki/Dragan_Dimic)
「幼い頃からオーストリアで暮らしていたディミッチは、ニーダーエスターライヒ州のASCゲッツェンドルフでキャリアをスタートさせた。」

注目すべきは「幼い頃からオーストリアで暮らしていた」という一節である。家族がいつコソボを離れたのかはわからないが、「ウィキぺディア」中の「コソボ紛争」の記述を読むと、彼が生まれてまもなくかもしれない。
1980年5月4日のチトーの死によって、長期間にわたる政治的不安定が始まり、経済危機と民族主義者の台頭によって状況は次第に悪化していった。コソボで最初に発生した大規模な衝突は1981年3月、アルバニア人の学生が、売店の前の長い行列に対して暴徒化した。これは小規模な衝突であったが、やがてこれが引き金となってコソボ全土に急速に拡大し、各地で大規模なデモが発生するなど、国家的反乱の様相を呈した。
その後のコソボがどんな悲惨な運命をたどったかは、紹介するのもつらいので、このぐらいにしておく。関心をもたれた読者諸氏は、ぜひ「コソボ紛争」の項にお目を通していただきたい。

1985年から1986年にコソボを去ったセルビア人に関する調査書においては「20万人のセルビア人がこの20年間のコソボを去った」といった主張がなされているという。
ディミッチも、そしてその家族も、生まれ故郷を去ることを余儀なくされた20万人にカウントされているのだろう。

私は、機会があれば本人に、何年にオーストリアに移住したのですかと訊いてみたいと思っていたが、そんな考えは今はもう、ない。
なぜなら私の質問が、彼にとって悲しい過去を、思い出させることになるかもしれないから。

*

「ASCゲッツェンドルフ(ASC Götzendorf)」は、ドラガン・ディミッチがプロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせたクラブであることは、前に触れた。
しかしドイツ語版「ウィキぺディア」では、このクラブには「2006年まで在籍(bis 2006)」としか記されていない。

---------------

ここで、読者諸氏にお詫びを申し上げたい。
このエントリをアップしたのち、ディミッチ選手は「ASCゲッツェンドルフ」に入団するまで、どのクラブにも属していなかったのか?という疑念が生じてきたのである。
入団は後述の通り22歳のときであることははっきりしているが、それ以前にサッカー選手として修練を積んだクラブがあってもいいようなものである。
「ウィキペディア」の記述を信じるならばそのようなクラブはないのだろうが、このネット上の百科事典、その真偽がときたま話題になることは、よくある。
どうにも落ち着かなくなった私、そういえば「今日のゼルビア」に新入団選手の経歴が載っていたことを思い出した。「2011年1月22日」にある。
ナプレラクワシリェヴォ(セルビア2部) ⇒ ムラドストゴシャ(セルビア3部) ⇒ ゲッツェンドルフ(オーストリア4部) ⇒ オーストリアウィーン(オーストリア2部) ⇒ ホルン(オーストリア2部)
「ASCゲッツェンドルフ」入団前に、セルビアの2クラブの在籍経験があるではないか!
すぐに「今日のゼルビア」の中の方にソースを問い合わせてみたところ、 「新体制発表会で配布されたプレス用の資料がソース」であり、新体制発表会で「ディミッチ選手の入場の際にプロジェクターで映って」いた、このため「公式な経歴」と受け取った、との回答を得た。
むろん「プレス用の資料」作成にあたって、フロントがディミッチ選手に直接経歴を問い合わせたことに疑問の余地はなく、「ウィキペディア」の記述は不完全、そしてそれに基づいて書いた私の文章も誤りということになる。

事実を確かめぬ段階で、こうした記事をアップしたことについて、アクセスして下さった皆様に深くお詫び申し上げたい。
しかし、どうしてこの2クラブが経歴から漏れていたのか、そして「幼い頃からオーストリアで暮らしていた」という「ウィキペディア」の記述は何に基づくのか。
読者諸氏には申し訳ないと思うと同時に、その辺の事情をさらに私は知りたくなった(セルビアのふたつのクラブの探索にもすでに着手している)。
書き手の責任を、以後も調査を進め、報告することで全うしたいと思っている。
【2011年2月3日6時記す】

---------------

いったいディミッチ選手は、いつこのクラブに入団したのだろう?
探索を進めた結果、2004年8月であることが判明した。22歳のときである。
また、在籍は厳密には2007年1月まで、ということもわかった(ソースについては後述)。
彼が入団した当時、「ASCゲッツェンドルフ」というクラブは、オーストリアの7部リーグに所属していた。
(オーストリアのサッカーリーグは9部からなり、6部から9部は完全なアマチュアリーグ。参考サイト
入団後ディミッチ選手はすぐに頭角をあらわしゴールを量産。クラブの6部昇格に貢献し、自身もこの2004/05シーズンの得点王(32点)に輝いている。
翌2005/06シーズンは、2トップの一角として十分な仕事をし、チーム総得点の74点中ふたりで52点を挙げる活躍をみせ、チームは5部に昇格。

こうした働きが注目されたのだろう、続く2006/07シーズンの途中、クリスマスブレイクの間に、1部に所属する「FKオーストリア・ウィーン(FK Austria Wien)」のセカンドチームである2部の「FKオーストリア・アマチュア(FK Austria Amateure)」から半年間の契約の提示を受け移籍、そして2007年5月に契約延長がなされた。
ディミッチ選手は2010年夏まで上記ウィーンのクラブで選手生活を送ることになるのだが、その大部分は「FKオーストリア・アマチュア」のメンバーとして出場したもので、1部の公式戦出場記録は1試合にとどまっている。
それは2008/09シーズンの第13節(08年10月18日)、「FKオーストリア・ウィーン」が5-0で大勝した試合での、後半78分から試合終了までの13分の途中出場。

27歳と4日で彼はついに、オーストリアの「ブンデスリーガー」となったのである。

(前編終わり。後編に続く)

* * *

実は、まだディミッチ選手については書きたいことが残っているので、このエントリのタイトルには前編の意で【前】を付けさせていただきます。
後編は2,3日中にアップ予定。ツィッターやmixi等で更新したとお知らせしますので、関心萌した方はぜひご注目下さい。


なお、ディミッチ選手のパーソナルデータは、「FKオーストリア・ウィーン」の「アーカイヴ」内の「Dragan Dimic」に基づいています。(←クリックしてみて下さい。ディミッチ選手のもっと若き日のお顔を拝見できます。)
このクラブのトップチームに在籍した全選手が紹介されている「選手」ページの右上には「gewidmet dem treuen Austria Anhang(誠実なオーストリアのサポーターに捧ぐ)」とあります。クラブに尽くしてくれた選手たちの貢献を、こうした形で残そうとするクラブの姿勢はまことに好感が持てますし、どんなクラブのサイトにも、こうしたデータページがあるべきだと思いました。


ディミッチ選手が最初に入団したクラブ「ASCゲッツェンドルフ」の公式サイトはこちらです。
彼の活躍についてはサイト内の「年表」に多くを拠っています。
しかし1920年創立といいますから、こんな小さなクラブでも91年の歴史があるのですね。
ヨーロッパサッカーの歴史の深さを感じます。

ちなみに「ASCゲッツェンドルフ」、ディミッチ選手が去ったのち2007/08シーズン終了後に4部に昇格。
現在の2010/11シーズンは前半戦を終了して16チーム中首位に立っています。
次の試合は3月11日(金)。これから後半戦が始まるのでしょうが、果たして3部昇格なるか否か?

書いているうち、妙にこのクラブのことも気になってきました。
試合結果、これからもチェックしていこうと思ってます。
[PR]
by kreis_kraft | 2011-02-01 12:38 | FC町田ゼルビア